阪神本線 尼崎駅から15分

お気軽にお問合せください

06-6409-4377
営業時間
8:00~18:00
定休日
なし(年中無休)

ロープアクセスで工事費削減

ロープアクセスが向いている作業

高所での外壁作業となると、まず思い浮かぶのが
仮設足場です。次に高所作業車や仮設ゴンドラなど
でしょうか?

いずれも費用が高くなりそうな気がしますね。
ロープアクセスならこれらの仮設足場費用を
圧縮できるのですが、すべてにおいて万能というわけ
ではありません作業の条件等によっては
足場や高所作業車のほうが割安になる場合もあります。
それらの違いを見ていきましょう。

 

ロープアクセスにおける作業 メリット・デメリット

メリットのある作業

​●作業の対象箇所が小さい場合
部分的にタイルが剥がれているところの補修であったり、サッシのコーキングから水が
漏れている等、比較的作業の範囲が少ない場合は有効な手段です。

●外壁打診調査による定期報告
平成20年4月より法改正があり、10年に一度は外壁に劣化箇所がないかどうかを調査すること
が建物の所有者に義務付けされました。
これはタイルや外壁など剥がれ落ちて、歩行者に当たったりという事故が相次いでいるためです。
このような場合もロープアクセスは有効で、調査の結果をふまえて大規模改修工事をするのか
ポイント補修で対応するのかを決められるからです。


●営業面や防犯面で足場が組めない建物

テナントやビルによっては、足場を組むと営業に支障が出たり
防犯の面からして足場が絶対に組めない場所もあります。この場合も役にたちます。

デメリットのある作業

​●作業の対象箇所が大きい場合
大規模改修工事等で、多数の職種の方が作業する場合などは、ロープアクセスよりも
足場が向いています。改修工事では、タイルの浮きや剥がれ部分の補修、防水、樹脂の注入、
塗装、シートの貼り替え、美装など、作業が複層する為に足場のほうが効率は良くなります。

●ふんばりが効かないような作業
例えばシーリングの工事ですと、劣化したコーキングの補修は古いコーキングを撤去してから
新しいコーキングを打設しますが、これを切り取る際に足で踏ん張る必要があります。
ロープアクセスはロープにぶら下がっていますので、力が入りにくいというデメリットがあります。


●物を落とせない場所など

繁華街や人通りの多い場所などは、物を落下させないよう作業にも細心の注意を心がけますが
100%ではありません。高所作業車などを使えるのであれば、バケット(かご)の中
で作業するほうが安心・安全です。

お問合せはこちら

株式会社サクラクリーンのホームページにお越しいただき、ありがとうございます。
ロープアクセス・外壁調査・作業の事など、わからない事がありましたらお気軽に
お問合せくださいませ。丁寧な対応を心がけております。
お問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6409-4377

FAXでのお問合せはこちら

06-6409-4388
営業時間
8:00~18:00
定休日
なし(年中無休)